洗濯用ネットを使用

最近は、洗濯洗剤の種類もとにかく多いです。
液体タイプや粉末タイプなど自分の好みで選ぶこともできますし、匂いも様々です。
ひと昔前は、とにかく汚れが落ちるということを売りにした商品がほとんどでした。
いかに汚れが落ちるか、他社の商品と比べた時の汚れの落ち方の違いはどうかなどが、消費者が洗剤を選ぶポイントでした。
しかし、汚れの落ち方はどの商品も技術の向上により、大差がなくなってきました。
そこで視点を変え、匂いに着目し始めました。
いい匂いのする外国の洗剤が出回るようになったのをきっかけに、ほのかに香る洗剤が売れるようになったのです。
最近は、洗浄力よりいかに香りがよいものを購入する時のポイントに変わってきています。

同じ商品名でも数種類の匂いのバリエーションがあります。
店舗で購入する時は、どんな匂いがするのかわかるような工夫もされている商品も多いですから、買った後失敗したということが少なくてすみます。
おまけに、ただいい匂いがするだけでなく、いかに長い間匂いが持続するかということに、どのメーカーも競い合っているようです。
洗剤にあわせて、柔軟剤の売れ行きも伸び、自分のこだわりをもって選んでいる人も多いので、購入の際の基準も、ただ安ければよいというものではなくなってきているのです。
これからもこの匂いを中心とした洗剤選びは続くことでしょう。
自分の好きなものを選ぶことで、主婦が楽しく家事ができるのであれば、すてきなことなのかもしれません。