清潔に保つ

人々が暮らしていく上で洗剤は今や無くてはならない物です。
洗剤と言っても洗濯用、食器用トイレ用、お風呂用などどいうように様々な用途に応じた商品が沢山あります。
文明が発展していくうちに最初は直ぐに落ちる汚れであったのですが、汚れも発展とともに進化するようになり、良く落ちる商品、消臭する商品、雑菌までも除菌する商品の開発が必要になりました。
菌は濡れていと繁殖してしまい、水分を餌としています。
そして雑菌が皮脂やたんぱく質汚れを分解して出てくる臭いが人々を不快にさせていることが研究によって分かりました。
それを元に汚れや用途に合わせた商品が多種開発され販売されているのです。
雑菌や汚れは多く、それぞれに合わせた洗剤を使う事がより多くの汚れを落とし、消臭する近道と言えます。

昔は当然洗剤など有りませんでした。
例えば洗濯ならば、川で洗濯物を叩いて踏んでを繰り返しその繰り返しで汚れを落とし洗濯していました。
とても手間と労力がかかっていた事でしょう。
現代において、洗濯は洗剤を入れて洗濯機を回せば一時間もしないで終わります。
洗濯機が洗ってくれますので、その分時間に余裕が生まれ、他の事をする事が出来ます。
それでも日々の暮らしには工夫が必要なのです。
どれだけ効果のある洗剤が開発され、使用しても落ちにくかったり、臭いが取れなかったりする事はあるからです。
雑菌も汚れも一種類では無いです。
自分でも洗い方を工夫したり、洗濯であれば干し方、汚れは予洗いなどで最小限にしておくなど雑菌や汚れを増やさない事も大切です。